トイプードルの面白エピソード

前回話したトイプードルのその他の面白エピソードをご紹介します。

 

エピソード①

子犬のころにドッグランヘ行っていたときのこと。ザウバーは追いかけられるのが好きで、ほかの犬を誘っては逃げるそぶりをするのですが、その逃げるのが早すぎて追いかけられず、そのうち誰も誘いに乗ってくれなくなったとか。相手の速度が読めなかったのでしょうか(笑)。

 

エピソード②

お散歩デビューの日、散歩から帰って足を洗うために風呂場に入れ、飼い主さんがちょっとほかの部屋で用事をしていると、風呂場からハタハタと大きな音が。慌てて見に行くと、閉じてあったフタが外され、栓が抜けた湯船にずぶ塗れになったザウバーが座っていたそうです。

一体何をしたかったのでしょう? 暴れているうちに栓が抜けたようで、溺れなくて良かった! でもそれ以来、水をとても怖がるようになってしまったそうです。その気持ち、よくわかります……。

 

エピソード③

遊覧船に乗っているときに、ちょうど首が入るすきまがあったようで、上からするすると上手に頭を入れ、近くで海を眺めて楽しんでいたザウバー。気が済んで、頭を戻そうとしたものの……。下方向には入れられたのに真上に引き上げることができず、手前に引いたものだから大パニック!

その方向では頭は抜けないのです。さんざん大暴れした後に、周りの人に助けてもらって無事救出されたのだとか。

 

エピソード④

庭で遊んでいて、部屋に戻りたくなったのに網戸が閉まっていました。そこでザウバーは、平然と網戸を破って入ってきたそうです。

さぞかし頑張って破ったのでしょう。ですが、網戸がないと困るので、すぐに業者を呼んで直してもらったところ、その日のうちにまた破って部屋に入ってきたとか。

その顔は、「網戸があったので、もちろん破りました」と、自信に満ちて(?)いたそうです。

 

エピソード⑤

ある日、いつも行くドックカフェの店長さんから「お宅の子が来てるけど、何か飲ませとく?」と電話があったそうです。徒歩数分の距離ではありますが、庭を脱走してひとりでトコトコ。向かった先は、おやつをくれるマスターがいる、いつも飼い主さんと一緒に行くカフェ。

これまでの。犬生で3回もひとりで訪問したそうです。飼い主さんは庭の囲いを強化し、脱走できないように工夫しました。しかし万が一、また脱走してカフェに行くときに危険が少ないように(?)、一緒に行くときは横断歩道で必ず1回座らせて、信号を見て「青」と言って聞かせ、確認してから渡るようトレーニング(と言いますか……)をしていたそうです。

犬は色を識別する力はとても弱いと言われますが、車が往来しているか、止まっているのかは判断することができるでしょうから、飼い主さんの努力は報われるかもしれません。

 

Copyright トイプードルを飼っています 2018
Shale theme by Siteturner