抱っこできない…

トイプードルの『トノ』は、気に入らないことをされると飼い主さん一家の誰にでも噛みつくそうです。

飼い主さんが私に相談しようと思ったきっかけは、トノを連れてペットショップに出かけたときのこと。そろそろ帰ろうと飼い主さんがトノを抱き上げたところ、まだ帰りたくなかったのか、トノは突然うなって怒りだし、誰も手がつけられない状態になってしまったそうです。

ほかのお客さんたちがびっくりしてしまうほどの猛犬ぶりを発揮してしまったので、恥ずかしいのと、営業妨害になっては申し訳ないのとで、飼い主さんは慌ててダウンジャケットでトノを包み込み、それごと抱きかかえてお店を出たそうです。

お宅に伺ってみると、予想通りトノはものすごい勢いで私に吠えかかってきました。しかしよく観察すると、私が前に出ると下がり、下がると前に出てきますが、手の届くところまでは来ようとしません。その様子から、これは怖くて吠えている「パニック吠え」なので、怖がらせる動きや、追いつめたりしなければ噛まれないだろうと判断し、そのまま部屋の中へ入りました。

話をしようと腰掛けたのですが、トノは吠え続け、うるさくて話ができません。飼い主さんに、ほかの部屋へ連れていくようお願いしたのですが、噛むので抱いて連れていくことはできないとのこと。

ダウンジャケットで、とお願いするのもなんでしたので、どうしたものかと思っていたら、家族総出で「トノ、おいで!おいで!」と、隣の部屋に来るようにがんばって呼んでくれました。いつまでかかるだろう……と不安に思っていたら、トノはふと気が変わったのか、まるで「今日はこれくらいにしといてやるわ」と捨てゼリフを残し(たような感じで)、すっと振り返ってズタズタと隣の部屋に行ってくれました。彼の名誉のために、逃げた、とは言わないでおきましょう(笑)。

話を詳しく伺うと、トノは自分がされたくないすべてのことにおいて噛みつくのに、食器だけはさわっても大丈夫なのだそうです。

それだけは、子犬のころから一生懸命トイプードルのしつけをしたからだろう、ということです。器に近づくとうなる、吠える、噛むという犬がいますが、それは占有性攻撃行動と呼ばれるもの。所有欲が強かったり、子犬のころにひとつの器でみんなで一緒にごはんを食べたことがなかったりする場合に、そうなることがあるようです。

どちらかと言うと、器にさわっても噛まないことより、ペットショップから帰るときや、隣の部屋に連れて行くときに抱けるほうがありがたいと思うのですが。

とにかくこの場合、決定権を持っているのはトノ。まずは愛犬との正しい関係を作るためのベースプログラムを実施していただくことにしたのですが、飼い主さんの事情で、ベースプログラムの中で守れないルールがいくつもあるということで中断しました。

じつは、飼い主さん自身が心療内科に通っていらっしやったので、心に余裕を持って大らかな気持ちでしつけに取り組むことが難しいことがわかったのです。

まずは飼い主さんの心身の健康が優先ですので、中止に関しては私も了解しました。器の問題はトレーニングの甲斐あって克服できたのですから、きっとほかも大丈夫なはず。

飼い主さんが回復されたら、また一緒にがんばりたいと思います!

 

ごはんの時間はうれしい時間

ご飯の時間になると怒りだすトイプードルの話の続編です。

レッスンで自宅に伺ったとき、その場面を見せてもらう必要がありましたので、飼い主さんにいつものように再現してもらうことにしました。飼い主さんは心配しましたが、見てみないことには改善の方法はわかりません。噛まれたら噛まれたときのこと、と私も覚悟を決めていました。

しょうたろうは、飼い主さんが言うほど怖い犬には思えませんでした。私に対しても警戒や不快感を示すことなく、飼い主さんが庭に来てくれたのでうれしそうでした。散歩での様子を聞くと、ほかの犬に吠えられると逃げてしまうのだそうです。

飼い主さんは、フードの入った器を置き、「ヨシ」と合図。しょうたろうは微妙な緊張感の中で食べ始めました。が、しょうたろうの様子はまったく変わりませんでした。念のため、器に手が近づくことに慣らすために、フードよりさらに良いもの、チーズを器に入れるようにお願いしたのですが、いつもこのトレーニングをするときの緊張感がなぜか感じられません。不思議に思ったので、思い切って、「いい子だね~」と言葉でほめながら器を下げてみるようお願いしてみました。

飼い主さんは多少身がまえましたが、しょうたろうの様子が穏やかだったこともあり、何とすんなり下げられてしまったのです。

しょうたろうは、ふつうの顔をして立っていました。さすがに「あれえ~?」と不思議がる飼い主さん。

私「飼い主さん、嘘つきました?(笑)」

飼い主さん「いや、こんなはずじゃ……(何でいつものようにやらないんだろう?)」

その様子を見て、私はこんな仮定をしてみました。しょうたろうにとっては、散歩の時間が来る、飼い主さんと散歩に出る、家に戻るとフードの入った器を飼い主さんが持って来て、なぜか飼い主さんが怒り出し、しょうたろうも怖いので応戦、そこでバトルが始まる……というパターンができてしまったのではないか、と。

もちろん最初は、しょうたろうが取られたくなくて少々(?)うなったことが原因で、それを正しくしつけようと叱った飼い主さんとのパドルが始まったというようなことだったのだろうと思います。しかししょうたろうの学習はそれと結びつかず、なぜか散歩の後、器が地面に置かれるとお父さんが怒り出してバトルになる、となってしまったのではないかと思ったのです。

私が見せてもらった場面は、いつもの散歩の時間でもないし、散歩から帰った後でもありません。そんなタイミングでフードを器に入れて置かれたときは、しょうたろうは、自分の身に危険が迫る(お父さんが怒る)とは連想せず、お父さんから身を守るために防衛的な攻撃行動に出なかったのではないでしょうか。

そこで私は、「散歩に出る→家に戻る→ごはんの時間→バトル」という一連の流れを変えてもらうようお願いしました。ごはんの時間は、せっかくおいしいものを食べるうれしい時間なわけですから、やさしく声をかけ、楽しい雰囲気を作るよう心がけてもらいました。そしてできればしょうたろうがを自由に行動できるようお願いしました。それほど広いスペースでなくても、「囲いの中で逃げられるスペースが確保できる自由さ」では、動物にとって雲泥の差があるのです。

飼い主さんはさっそく柵を作ってくださり、しょうたろうは解放されました。するとそれからは、緊張した場面になることもなく、あっさりと器を下げさせてくれるようになったということです。

[おかげさまで、その後しようたろうとは何事もなく、毎日問題なく過ごしております。あのころは思いつめて、もうやっていけないかもと覚悟を決めたりして、何だったんだろうと思います。中西さんに相談して来ていただいたおかげで、すっかりそんな悩みは過去のものになりました。」(※飼い主さんのメールより引用)

しょうたろうの不機嫌の原因になってしまったかもしれない耳の炎症もすっかり良くなり、治療も卒業することができたそうです。本当に良かったですね。飼い主さん、しょうたろう、これからも仲良く幸せに!

 

ご飯の時に攻撃的になる犬

5歳を過ぎたころから、散歩の後でごはんを食べる際に、なかなか食べ始めないことが増えてしまったというトイプードルの『しょうたろう』。

最近ではうなって食べ散らかし、最後には飼い主さんに噛みつくようになってしまったそうです。ごはんを地面に置いておいて食べ終わったとしても、器を下げようとすると攻撃的になる、ということで相談がありました。

私は出張トレーニングの仕事をしていますが、この問題で困っている犬が多いと感じます。

ふだんの生活ではほとんど問題ないそうなのですが、ごはんのときにとても攻撃的になるので、飼い主さん(お父さん)はしょうたろうを飼い続けることに対して不安を感じ始めていました。外飼いなので接する時間は短く、仕事をしているので日中の時間がそれほど取れないことなどもあり、そういった状態でも改善できるのか、悩んでいたとのこと。

犬の問題行動の多くは、「6ヵ月齢を過ぎたあたりから気になり出し、だんだん顕著になっていき、少し和らいだかと思ったら2歳くらいにピークを迎え、その後はだんだん落ち着いてくる」という大まかな流れがあるように思います。

それが5歳から急にとなると、何か特別なきっかけがあったかもしれません。飼い主さんに、またはしょうたろう自身、彼を取り巻く環境、飼い主さんの生活などに何か変わったことが起きなかったか聞いてみたところ、ちょうどそのころにしょうたろうが中耳炎にかかり、通院するようになったことがわかりました。

犬が痛みや不快感を感じているときに、近づいたりふれようとすると、攻撃的な態度を取る場合があります。野犬などを保護する際には、もし犬がケガをしていたら素手でさわったりしないようにと言われます。痛みがある場合、犬は激しく噛むことが多いからです。

そう言えば、私が大学生のときに実家で飼っていた犬が、かなり良くない状態だと連絡を受け、帰宅したときのことです。犬小屋の下にもぐり込んでいた愛犬に声をかけると、うれしそうにしっぽを振ってくれたのですが、なでようと手を伸ばしたところ、初めて鼻にしわを寄せてうなられました。そのときはとてもショックでしたが、今思えば、相当な痛みや不快感があったのだろうと思います。

しょうたろうのケースも、もしかしたら耳の不快感でイライラしていたのかもしれません。もともと器に関しては所有欲が強く出やすい犬種でもあるので、そんなときに器に近づかれたためにうなってしまったのかもしれません。

飼い主さんとしては、愛犬がうなるという行動はとても良くないことで、叱るべきこと。ここで引いてしまっては犬に負けてしまう、と思った部分もあったようで、とにかく叱って何としてでも器を取らせるよう、しょうたろうと闘い始めてしまったのです。

相談申し込みのメールをくれた前の日の夕方、散歩から戻っていつものようにごはんを与え、器を下げようとするとうなり、あまりにも激しかったのでついに器を下げることができなかった、ということでした。しかし、次の日の朝は器を下げてもとくに気にする様子はなかったそうです。

このケース、最初は私も、器を守るという所有からくる攻撃性だと思っていました。ところが、お嬢さんが器を下げようとしても、しょうたろうは怒らないのだそうです。その話を聞いて納得しました。

このケースは「愛犬が怒って器を下げさせない」のではなく、「愛犬が怒ってしまい、器を下げられない人がいる」という問題なのです。この2つは、似て非なるもの。そうなると、原因は所有ではなくなります。所有が問題なら、誰が下げても怒らなければ成り立ちません。怒られてしまう人の行動に原因があるのです。

そこでさらに詳しく話を聞くと、しょうたろうが怒るのは、散歩から戻って庭につなぎ、器にフードを入れて地面に置いたとき。緊張感が走り、しょうたろうが身がまえてうなり始める、という場面に限るようで、少し時間が経てば器は下げられるとのこと。

しょうたろうのごはんは、毎日朝夕、散歩から帰ってから、つながれて犬小屋の前で与えられていました。

 

トイプードルの面白エピソード

前回話したトイプードルのその他の面白エピソードをご紹介します。

 

エピソード①

子犬のころにドッグランヘ行っていたときのこと。ザウバーは追いかけられるのが好きで、ほかの犬を誘っては逃げるそぶりをするのですが、その逃げるのが早すぎて追いかけられず、そのうち誰も誘いに乗ってくれなくなったとか。相手の速度が読めなかったのでしょうか(笑)。

 

エピソード②

お散歩デビューの日、散歩から帰って足を洗うために風呂場に入れ、飼い主さんがちょっとほかの部屋で用事をしていると、風呂場からハタハタと大きな音が。慌てて見に行くと、閉じてあったフタが外され、栓が抜けた湯船にずぶ塗れになったザウバーが座っていたそうです。

一体何をしたかったのでしょう? 暴れているうちに栓が抜けたようで、溺れなくて良かった! でもそれ以来、水をとても怖がるようになってしまったそうです。その気持ち、よくわかります……。

 

エピソード③

遊覧船に乗っているときに、ちょうど首が入るすきまがあったようで、上からするすると上手に頭を入れ、近くで海を眺めて楽しんでいたザウバー。気が済んで、頭を戻そうとしたものの……。下方向には入れられたのに真上に引き上げることができず、手前に引いたものだから大パニック!

その方向では頭は抜けないのです。さんざん大暴れした後に、周りの人に助けてもらって無事救出されたのだとか。

 

エピソード④

庭で遊んでいて、部屋に戻りたくなったのに網戸が閉まっていました。そこでザウバーは、平然と網戸を破って入ってきたそうです。

さぞかし頑張って破ったのでしょう。ですが、網戸がないと困るので、すぐに業者を呼んで直してもらったところ、その日のうちにまた破って部屋に入ってきたとか。

その顔は、「網戸があったので、もちろん破りました」と、自信に満ちて(?)いたそうです。

 

エピソード⑤

ある日、いつも行くドックカフェの店長さんから「お宅の子が来てるけど、何か飲ませとく?」と電話があったそうです。徒歩数分の距離ではありますが、庭を脱走してひとりでトコトコ。向かった先は、おやつをくれるマスターがいる、いつも飼い主さんと一緒に行くカフェ。

これまでの。犬生で3回もひとりで訪問したそうです。飼い主さんは庭の囲いを強化し、脱走できないように工夫しました。しかし万が一、また脱走してカフェに行くときに危険が少ないように(?)、一緒に行くときは横断歩道で必ず1回座らせて、信号を見て「青」と言って聞かせ、確認してから渡るようトレーニング(と言いますか……)をしていたそうです。

犬は色を識別する力はとても弱いと言われますが、車が往来しているか、止まっているのかは判断することができるでしょうから、飼い主さんの努力は報われるかもしれません。

 

犬らしい行動?

駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)で開催された「動物感謝デー」で、ドックダンスのイベントが行われていました。その中に、優雅に踊るボルゾイと飼い主さんのペアを見つけました。独立して狩りを行う狩猟犬であるボルゾイは決して訓練しやすい犬種ではありませんが、大きな体を悠々と動かしながら、うれしそうに芸をこなしていた姿が印象的でした。その時たまたま隣にいたトイプードルの『ザウバー』とお友達になりました。

そして、東京都の三軒茶屋にある動物病院で、私はそのトイプードルと一緒にいました。ザウバーが引き寄せてくれた縁で、かねてからずっとその必要性を感じながらも実現できなかった、動物病院とドックトレーナーのコラボによる「動物病院でのしつけ相談」を開始することになったのです。

動物病院にはたくさんの子犬たちがやってきます。子犬のしつけはとても大切で、その時期にまちがった接し方をしてしまうと、将来問題行動を起こす原因にもなります。正しく接することができれば、成長してからそんな悩みを抱えることなく、心地よい付き合いができるようになるのです。

私自身の「子犬を飼い始めてできるだけ早い時期に、困っている飼い主さんがいたらお役に立ちたい」という気持ち、そしてフラン動物病院側の「プロのドックトレーナーから、しつけを飼い主さんに指導してほしい」という気持ちがひとつになってしつけ相談を開始しました。

私は動物病院でトイプードルのザウバーを待っていました。しばらくしてドアを開けて入ってくるザウバーの姿を見つけたので、あいさつをしようと準備していたのですが、彼は全然私には気づかず(興味がなかっただけ?)目の前をスーッと素通りしてしまいました。その行先は犬用のトイレ。トイレの前まで行ったその時でした。「アウ」となんとも控えめな声で鳴いたではありませんか。

えー!私はザウバーが何かしゃべった気がして、思わず飼い主さんの顔を見ました。飼い主さんは、「え~、今?う~ん、しょうがないなあ」と言ってトイレのドアを開けました。するとザウバーは躊躇もせず犬用のトイレの中に入っていき、彼の頭の高さよりも少し高い位置にある洗面ボウルに頭を突っ込みました。そして再度「アウ」と控えめな声で鳴いて「水を出せ」と言ったのです(笑)。

飼い主さんが「はいはい、わかりました」と言いながら、言われるがままに水を出してやると、ザウバーはひと口、ふた口、満足そうに水を飲みまじめました。

そんなステキな「会話」が目の前で展開され、私はあっという間にザウバーのファンになってしまいました。何ておもしろい子なんだろう!

しかし飼い主さんによると、ザウバーは今よりもっとおもしろいことをたくさんしてくれたそうです。そしてそのエピソードを色々と聞かせていただきました。

トイプードルのザウバーの面白エピソードはまた次回。

 

Copyright トイプードルを飼っています 2018
Shale theme by Siteturner